ローカライズを助ける仕事

PC

昨今では開発されたアプリケーションが、他国でも販売されるケースが増えています。他国で商戦を繰り広げるためには他国でも通用するように母国語を翻訳する事が必要です。その業務を代行するローカライズのサービスは急速に成長しています。 ローカライズのサービスが担当しているのは、主にマニュアルとソフトウェアの画面の翻訳です。異国の言葉だけで構成されているソフトウェアは、高いクオリティでなければ手に取って貰う事さえ不可能です。つまりローカライズの代行業者の能力が、商戦の成功を左右すると言っても過言ではありません。最近のローカライズのサービスの業者は専門的な分野だけを引き受けるスタイルが急増しています。あらゆる仕事を引き受けるというやり方は時代遅れなのです。

マニュアルとソフトウェアの翻訳において専門的な分野を確立する理由は、クオリティの高い仕事を実現するためだと言われています。ソフトウェアのマニュアルには専門的な言語が少なくありません。そしてそれはソフトウェアの開発目的によって大きく異なるのです。開発目的において最も関係するのは顧客のジャンルだと言えます。 専門的な言葉の含まれるマニュアルの翻訳は、言語を勉強するだけでは不足です。なぜならマニュアルに書く単語を教科書通りに翻訳しても通用するとは限りません。仕事の対象となる業界の理解の浅いままでは、利用者が使い易いマニュアルを完成させる事は到底不可能です。だからこそ業者の得意とするジャンルを明確にすべきであり、評判の良い業者でも不慣れな分野であれば採用を見送るべきです。

Copyright© 2017 翻訳サービスを使い海外の方と交流〜言葉の壁を限界突破〜 All Rights Reserved.